持ち歩き用のハンドクリームはハーバシンが便利!

わたしの友人は、ハンドクリームがいらないくらい手がしっとりしています。
ハンドクリーム持ち歩かないと言っていました。

信じられないと思いつつ、うらやましくもありますよね。
わたしは、全身乾燥タイプなので、ハンドクリームは持ち歩いていますし、こまめに塗るように心がけています。(すぐ失念しますが…!)

ハンドクリームってハンドケアという目的もありますが、香りに癒されます。
誰しも好きなハンドクリームはお持ちのはず。種類もたくさんありますしね。

家に、会社に、おけるところに一本は置いているであろうハンドクリーム。
今回は、肌が弱めのわたしが持ち歩きと普段使いにとても便利で、ずっとリピートしているハンドクリームについて紹介します。

老舗ハーバシンのハンドクリーム

ハーバシン ハンドクリーム

ドラッグストアなどでも手軽に購入できるので、ご存知の方も多いと思いますが、ハーバシンのハンドクリーム。
実は1905年にドイツで創業された老舗のナチュラルコスメブランドでした。

シリーズには、モイスチャータイプ、ローズの香り、ラベンダーの香りと、あまり種類は多くないですが、写真の無香料タイプが定番の商品です。

ハンドクリーム缶 無香料
【全成分】水、グリセリン、ジメチコン、ステアリン酸グリセリル、セテアリルアルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、PG、セテアリル硫酸Na、フェノキシエタノール、カプリリルグリコール、カミツレ花エキス、ビサボロール
ひとつ、豆知識ではありますが「無香料」と「無香性」の違いってわかりますか?
無香料は、成分に「香料」が入っていないものをいいます。ですので、商品は香料意外の香りがする場合があります。
また、無香性は無臭のものですね。香りが苦手という方は、「無香性」と記載のある商品を選ぶようにすると香りに悩まされることはありません。アダムが化粧品検定で学んだ豆知識でした。
ですので、このハーバシンは「無香料」ですので、うっすらと花のような香りがします。成分に「カミツレ花エキス」とありますので、おそらくカモミールなのですかね。

お気に入りポイント

わたしが感じるハーバシンのお気に入りポイントを3つ紹介します。
あくまで主観ですので、共感できる部分があると良いのですが…

お気に入りポイント1:サイズが小さい

わたしがこのハンドクリームをリピートする最大の理由は、サイズです。

このシリーズには、チューブ型のタイプもあるのですが、この缶タイプをいつも買っています。
それは、サイズがとても気に入っているから。

直径52mm、薄さ12mm
小さくないですか?ハンドクリーム界では上位を争う小ささじゃないでしょうか。
ハンドクリームは使わなくなってすぐ放置してしまったりすることもよくあるので、使い切れるサイズというのも、わたしの中でとてもポイントが高いです。

お気に入りポイント2:香りが優しい

ハンドクリームは、癒し効果があるものも使いたいですが、香りは自分だけなら良いですがTPOに合わせなきゃいけない場合もありますよね、職場や人が多い場所、食事中など。
ハーバシンのハンドクリームの香りは、すごく優しい香りです。少しフワッと香るくらいだと、わたしは感じています。ですので、どんな時でも比較的使いやすいと思います。

お気に入りポイント3:程よいテクスチャー

最後のお気に入りポイントはテクスチャーです。
柔らかいクリームタイプで、塗り心地はさらっとしています。

べたっとした感じはなくて、さらっとしているのでスマホをすぐに触ってもあまり気にならない感じです。

なのに、保湿力が高いところも嬉しい。成分をみてみてもシンプルな成分のため、わたしの手は洗剤やほこりで荒れやすいのですが、気にならず使えています。

ハーバシンは普段使いにぴったりなハンドクリーム

ハーバシンのハンドクリームは価格も良心的で、ドラッグストアで300円くらいで購入できます。
ドラッグストアで買えるというのも気軽で良いですよね。
小さいのでかさばらないですし、これからもリピートしていければなと思っています。
それではまた!